渡辺一樹と滑るフェローカップ・フランス in 志賀高原焼額 2日目

フェローカップ2日目です。
天候は予報程ひどくならず、焼額山のゴンドラ2基共、無事に稼働し非常に良いペースで新雪を滑走できました。

青空こそ見えないものの、朝から元気いっぱいの参加者の皆さまです。渡辺一樹さん、フェロースタッフはフランス・ローヌアルプ地方から送っていただいたニット帽をかぶっての撮影です。

スキー場は15~~20cmの乾いたパウダースノーに覆われ、とても滑りやすいコンディション。渡辺一樹さんのレッスン班とフェロースタッフのパウダー滑走班に分かれ、フランスの山々に思いを馳せつつ滑走開始です。

当社代表水澤班(パウダー班)の様子。フェローカップ優勝者も深雪を巻き上げます。

4人で隊列を組んでの滑走。目一杯楽しんでいます。

こちらはパウダーゆっくり班の様子。今まで避けていた不整地に挑戦です。上質な雪が今大会最年少スキーヤーの滑走を手助けしてくれます。

2日間通して良い雪に恵まれた大会となりました。

2021年のフェロートラベル国内スキーツアーはすべて無事、終了いたしました。来年こそフレンチアルプススキーが実現できる、よき一年になりますように。

皆様、良いお年をお迎えください。

杉浦

 

カテゴリー: フェローカップ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。