2/20発 トラディショナルスノートレイル 5日間 1日目ヤマボクで足ならし

長野県、群馬県の県境山岳エリアを滑り渡る。トラディショナルスノートレイル5日間が本日からスタートしました!
集合は「牛にひかれて善光寺参り」の善光寺も近い長野駅。このトラディショナルスノートレイルでは、江戸時代に群馬側から長野への善光寺参りに利用されたルートも通ります。歴史ある山岳ルートを堪能するツアーです。

初日は山田温泉から宿のバスで約20分のヤマボクワイルドスノーパーク。
標高2076m「笠ヶ岳」の南斜面に広がる、 全体の70%が非圧雪のナチュラルゲレンデです。

本日の山の天気は曇り。ゲレンデ上部では雪が降っていました。
足ならしということで滑走は数本にとどめましたが、良い雪質で滑れました。
林のきれるところではときおり強い風にまかれましたが、かえってツリーランの方が視界雪質とも良く気持ちよく滑れましたね。

宿泊は山田温泉風景館。創業以来、数々の文人墨客にも愛されたとありますが、創業は1769年という老舗旅館です。

自慢のお食事を堪能しました。

明日は早速ゲレンデを飛び出して、キャットスキーに挑戦します。おたのしみに!
原田

カテゴリー: 国内ツアー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。